@SLLOLLARYEE

Photo: @SLLOLLARYEE

レッド・ホット・チリ・ペッパーズのベーシストであるフリーが、1月10日にデヴィッド・ボウイの訃報を受け、腕に彼の名前のタトゥーを刻んだことを明かしている。

フリーはすでに左の上腕部にジミ・ヘンドリックスのポートレートのタトゥーを入れているが、新しいタトゥーをインスタグラムで公開している。このタトゥーは、「Bowie」の文字の下にイナズマが走るロゴとなっている。

インスタグラムに投稿されたビデオには、デヴィッド・ボウイの“Changes”から引用した「And these children that you spit on as they try to change their worlds(そして君が唾を吐きかけた子供たちが世界を変えようとしている)」というキャプションが付けられている。

タトゥーを入れる前に、フリーはデヴィッド・ボウイを失った悲しみを吐露するいくつかのツイートを投稿している。「嘘だろ。俺のヒーロー。ボウイ、最も美しい存在。俺のすべてが彼を愛している。ロックはおしまいだ、終わったんだ。彼こそが至高なんだ。誰も肩を並べることはできない。安らかに」

フリーがボウイのタトゥーを公開したインスタグラムの投稿はこちらから。

And these children that you spit on as they try to change their worlds.

@sllollaryeeが投稿した動画 –

フリーがボウイを追悼の意を表した一連のツイートはこちらから。

嘘だろ。俺のヒーロー。ボウイ、最も美しい存在。俺のすべてが彼を愛している。ロックはおしまいだ、終わったんだ。彼こそが至高なんだ。誰も肩を並べることはできない。安らかに

デヴィッド・ボウイはいつだって俺の大好きなロックミュージシャンだ。

最近もボウイに夢中だった。ずっと聴いていた。“(Oh! You) Pretty Things”を下手なピアノで弾いていた。ボウイのどの曲をカヴァーしようか考えていた。

ボウイは優しくしてくれた。ブッキング担当について少し話しただけだけどね。彼はあたたかく、寛大な人だった。素晴らしく聡明な人で、素晴らしいアーティスト。そしてロッカーだった。

公式発表によると「18ヶ月に及ぶ勇敢なガンとの闘い」を経て、デヴィッド・ボウイは1月10日(日曜日)にこの世を去った。

報道では、6度の心臓発作から生還した後、肝臓ガンで亡くなったとされている。

Copyright © 2021 BandLab UK Limited. NME is a registered trademark of BandLab UK Limited being used under licence.

関連タグ