Paul Mescal

Photo: Paul Mescal

フィービー・ブリジャーズはザ・ハンサム・ファミリーの“So Much Wine”をカヴァーした音源が公開されている。

“So Much Wine”はザ・ハンサム・ファミリーによるクリスマス・ナンバーで、このシングルの収益は薬物依存症、LGBTの人々、エイズを患っている人々への医療を行っている連邦政府認定のLGBTセンターに寄付される。

LGBTセンターは世界最大の非営利LGBT団体で、毎月何万人への援助を行っており、若者や老人への住宅支援、法的支援、命を救う医療なども提供している。

“So Much Wine”はフィービー・ブリジャーズのほか、長年のコラボレーションであるトニー・バーグ、イーサン・グルスカがプロデュースしている。

“So Much Wine”の音源はこちらから。

このカヴァーにはフィービー・ブリジャーズの婚約者であるポール・メスカル、マーシャル・ヴォア、ハリスン・ウィットフォード、セバスチャン・スタインバーグ、アンドリュー・バードも参加している。

フィービー・ブリジャーズはこれまで“Have Yourself A Merry Little Christmas”、マール・ハガードの“If We Make It Through December”、サイモン&ガーファンクルの“7 O’Clock News / Silent Night”をといったクリスマス・ナンバーをカヴァーしている。

また、フィービー・ブリジャーズは訴えられていた名誉毀損訴訟が棄却されたと報じられている。

Copyright © 2022 NME Networks Media Limited. NME is a registered trademark of NME Networks Media Limited being used under licence.

関連タグ