GETTY

Photo: GETTY

アナイス・ギャラガーとゾーイ・クラヴィッツは「親ガチャ」という批判に言及している。

ノエル・ギャラガーとメグ・マシューズの娘であるアナイス・ギャラガーは過去にモデルでも活動していたが、今はフォトグラファーとして活動している。『デイリー・メール』紙に対してアナイス・ギャラガーは自分の生い立ちが与えている「優位性」を認めなかったら「無神経で無責任」だろうと語っている。

「私の両親が与えてくれることのできた境遇には本当にものすごく感謝している。死ぬ日まで感謝することになると思う」とアナイス・ギャラガーは説明している。「大学に通うことができたことも、仕事の機会を得られたことも、両親が私に与えてくれたすべてにすごく感謝している」

アナイス・ギャラガーは「親ガチャ」を批判するよりも様々な背景を持つ人々を採用するように雇用主を奨励するべきだと考えていると語っている。

「縁故で採用されることにも一理ある。その人が勤勉家かどうかとか、個人的に誰かを攻撃することは正当化できないと思う。本当にその人のことを知らないわけだから。知り合いでもない人を評価して、そのことで意地悪をするというのはやさしいことじゃないよね」

「でも、価値ある人々が採用されるように奨励されるべきだと思う。縁のない出自かもしれないからね」

父にレニー・クラヴィッツ、母に女優のリサ・ボネットを持つゾーイ・クラヴィッツは自身も女優として活動していて、映画『THE BATMAN-ザ・バットマン-』やドラマ版『ハイ・フィデリティ』に出演している。

ゾーイ・クラヴィッツは両親のために自身の女優としての成功が過小評価されていることに「深い不安」を感じていることを認めつつも「親ガチャ」について次のように語っている。

「一般の人々にとって家業というのは当然のことよね」とゾーイ・クラヴィッツは『GQ』誌に語っている。「まさに名字もそこから来ていたりする。家族がブラックという姓だったら、鍛冶屋(ブラックスミス)だったりするわけだから」

先日、ドラマ『ユーフォリア』に出演している女優のモード・アパトーも「親ガチャ」と言われることに言及していた。

ドラマ『ユーフォリア』でレクシー・ハワードを演じた24歳のモード・アパトーはジャド・アパトーとレスリー・マンの長女で、デビュー作『無ケーカクの命中男/ノックトアップ』を含め父親のジャド・アパトーが監督している作品に多数出演している。

Copyright © 2022 NME Networks Media Limited. NME is a registered trademark of NME Networks Media Limited being used under licence.

関連タグ