GETTY

Photo: GETTY

テイラー・スウィフトは第65回グラミー賞の最優秀楽曲賞にノミネートされたことを受けて「10分間連続で叫び続けられる」と語っている。

テイラー・スウィフトが再レコーディングした“All Too Well”の10分間バージョンはアデルの“Easy On Me”、ビヨンセの“Break My Soul”、ハリー・スタイルズの“As It Was”などと共に最優秀楽曲賞にノミネートされている。

キャリアを通して11のグラミー賞を受賞しているテイラー・スウィフトだが、最優秀楽曲賞は受賞したことがない。

テイラー・スウィフトは現地時間11月15日にインスタグラムのストーリーで来年授賞式が開催されるグラミー賞のノミネートが発表されたことに言及している。

「今日はおかしくなってしまいそうな理由がたくさんあるけど、“All Too Well”の10分間バージョンは私が書いた曲でも最も誇りに思う曲です」

「私が獲ったことのないグラミー賞の最優秀楽曲賞にノミネートされたという事実はソングライティングを讃えてくれるもので、すごく大きな、現実とは思えないことです」

彼女は次のように続けている。「“All Too Well”の共同ライターであるリズ・ローズとの電話を切ったところですが、14歳の時にこの曲を作り始めた頃のことを思い出しました。彼女は私を信じてくれて、今回一緒にノミネートされました。素敵なことで手に負えません」

「歳月と運命にある魔法と神秘、自分のアートを取り戻すことについて話をしたいけれど、代わりに10分間叫び続けようと思います。そして、みなさんがいなければ、こうはならなかったことについて考えたいと思います」

このメッセージは最優秀ミュージック・ビデオ賞にノミネートされた“All Too Well”のショート・フィルムの一場面と共に投稿されている。ショート・フィルムには『ストレンジャー・シングス』への出演で知られるセイディー・シンクと『メイズ・ランナー』への出演で知られるディラン・オブライエンが出演している。

第65回グラミー賞授賞式はステイプルズ・センターとして知られてきたクリプト・コム・アリーナで2月5日に開催される。

Copyright © 2022 NME Networks Media Limited. NME is a registered trademark of NME Networks Media Limited being used under licence.

関連タグ