GETTY

Photo: GETTY

スリップノットのドラマーであるジェイ・ワインバーグは耳の健康を提唱する団体のために自身の難聴体験について語っている。

ヒアリング・ヘルス・ファウンデーションは公式サイトによれば、アメリカ最大の非営利団体で聴覚の研究を行っており、「難聴、耳鳴り、その他の聴覚と平衡感覚に関する症状を予防、治療し、最終的に治癒する」ことを目的としている。

この団体による4分間の動画でジェイ・ワインバーグは次のように語っている。「ヒアリング・ヘルス・ファウンデーションに代わって難聴予防と聴覚保護について少し話をしたいと思います。というのも、私たち全員が行うべき重要なことだからです」

「少し話をさせてもらうと、14歳の時にドラムの叩き方を学び始めたんですが、当時はサウンドキャンセリング・ヘッドフォンをつけて一人でこもり、お気に入りのレコードを聴きながら、独学でやっていました。大音量でドラムを叩き、大音量でシンバルを鳴らす。そうした独学の際に聴覚保護をしていると、非常に手助けになるのです」

ジェイ・ワインバーグは他のミュージシャンと共演し始めたことで、難聴予防と保護の重要性について「すぐに分かることになった」と振り返っている。

「ジャムして素晴らしい時間を過ごしていたのですが、次の日の朝、高音が聴こえなかったのです。聴力を完全に失ったと思い、本当に怖かったです。どう対処すればいいか分からなかったからです」とジェイ・ワインバーグは続けている。「深刻な難聴から回復している時というのは、やりたいことの一つが音楽を聴くいて時間を過ごすことですが、それさえも痛くてできないのです」

ジェイ・ワインバーグは聴覚保護が「音楽を持続的に長く演奏するには絶対に必要なものです」と説明している。「その日以降、聴覚保護なしにドラムキットに座って演奏したことはありません。一度たりともです。それは考えもしないことです」

ステージ上での対策についてジェイ・ワインバーグは次のように語っている。「自分としては耳栓をせずにライブに行くことは一度もありませんし、バンドメンバーの声が聴こえる耳栓やインイヤーモニターを装着せずにステージに立つことはありません。これは非常に重要なことで、若い頃から耳栓やイヤーモニターを付けていなかったら、聴力に多大なダメージを与えていたかもしれません」

「なので、みなさんには耳栓を強くお勧めします。正しい方法で、賢くやってください。そうすれば、自分のやりたい形で残りの人生もずっとロックすることができます。耳を大事にして、耳を傾けて、ヒアリング・ヘルス・ファウンデーションのサイトを見てください」

スリップノットは今年9月に通算7作目となるアルバム『ジ・エンド、ソー・ファー』をリリースしている。また、メタリカブリング・ミー・ザ・ホライズンと共に来年のダウンロード・フェスティバルのヘッドライナーを務めることが決定している。

Copyright © 2022 NME Networks Media Limited. NME is a registered trademark of NME Networks Media Limited being used under licence.

関連タグ