GETTY

Photo: GETTY

ジャスティン・ビーバーはミーゴスのテイクオフの葬儀でパフォーマンスを披露すると報じられている。

『TMZ』はジャスティン・ビーバーが現地時間11月11日にアトランタのステイト・ファーム・アリーナで開催される葬儀でパフォーマンスを披露すると報じている。これは事情に詳しい人物から寄せられた情報とのことで、『NME』は担当者に確認を求めている。

ジャスティン・ビーバーは2019年発表の“Looking For You”やミーゴスの『カルチャーIII』に収録の“What You See”でミーゴスとはコラボレーションを行っている。

本名をカーシュニック・カーリ・ボールと言うテイクオフは現地時間11月1日の未明にヒューストンのボウリング場で銃殺されている。死因は現時点で「頭部と胴体から腕への貫通した銃槍」と報告されている。

報道によれば、ある男性はダイスを使ったゲームで意見の相違があったために発砲したとのことで、テイクオフは頭ないしは首に銃弾を受けて、現場で警官によって死が宣告されている。他に2人が命には別状のない怪我を負っている。

テイクオフの葬儀は現地時間11月11日正午に21,000人収容のステイト・ファーム・アリーナで開催される。葬儀は一般にも公開されるが、ジョージア州の住民だけが参加できる。

葬儀は写真や動画の撮影が禁止され、アリーナ入場時に携帯電話をヨンダーに入れることになる。現地時間午前11時に開場するため、参列者は早めに来場するように推奨されている。

遺族は献花やプレゼントの代わりに「銃による暴力を防ぐために、地域社会に根ざした実証済みの解決策によって命を救うプログラムを支援する」ために最近設立されたロケット・ファウンデーションに寄付するように求めている。会場の近くに贈り物を置くことは禁止されている。

ドレイクは自身のラジオ番組「テーブル・フォー・ワン」でテイクオフに追悼の意を表しており、葬儀に出席するためにニューヨークで予定されていた公演を変更している。

【独占配信】ドキュメンタリー『ボン・ジョヴィ:Thank You, Good Night』をディズニープラスで見る 広告

Copyright © 2024 NME Networks Media Limited. NME is a registered trademark of NME Networks Media Limited being used under licence.

関連タグ