GETTY

Photo: GETTY

エヴリシング・バット・ザ・ガールは20年以上ぶりとなるニュー・アルバムを来年リリースすることを明らかにしている。

トレイシー・ソーンとベン・ワットの夫婦によるエヴリシング・バット・ザ・ガールは解散を発表したことはなかったが、1999年発表の『テンパラメンタル』以来、アルバムをリリースしていなかった。2008年には『スーパー・ベスト』というコンピレーションがリリースされている。

トレイシー・ソーンはツイッターでエヴリシング・バット・ザ・ガールとして音楽制作に復帰することを明かしている。「ベンと私はエヴリシング・バット・ザ・ガールとしてのアルバムを作ったことをみんなも知りたいんじゃないかと思って。これは来年の春に出ることになる」

アルバムのタイトルやリリース日といった詳細については現時点で明らかにされていない。

エヴリシング・バット・ザ・ガールは1994年発表の“Missing”で知られており、トッド・テリーが手掛けたリミックスは全英シングル・チャートで3位を記録している。

トレイシー・ソーンはソロでも5枚のアルバムをリリースしており、最新作は2018年発表の『レコード』となっている。また、ゴー・ビトウィーンズのドラマーであるリンジー・モリソンとの友人関係について書いた著書も昨年刊行されている。

ベン・ワットはジェイ・ハナンと共にコンピレーション・シリーズ『レイジー・ドッグ』を手がけ、自身のレーベルであるバジン・フライ・レコーズの社長も務めている。

ベン・ワットは難病であるチャーグ・ストラウス症候群と診断されて、10週間入院したためにエヴリシング・バット・ザ・ガールの活動を1992年に停止している。彼は死にかけたこの闘病生活を振り返った『ペイシェント』という著書を2012年に刊行している。

コンサート・アーカイヴスによれば、エヴリシング・バット・ザ・ガールが揃ってライヴを行ったのは2000年が最後となっている。

【独占配信】ドキュメンタリー『ボン・ジョヴィ:Thank You, Good Night』をディズニープラスで見る 広告

Copyright © 2024 NME Networks Media Limited. NME is a registered trademark of NME Networks Media Limited being used under licence.

関連タグ