Getty/Jenn Five/NME

Photo: Getty/Jenn Five/NME

ブリング・ミー・ザ・ホライズンはツアーの模様を追った動画で新曲の存在を予告している。

動画は直近のアメリカ・ツアーを記録したもので、マイ・ケミカル・ロマンスに影響を受けた新曲に取り組む様子も使われている。

オリヴァー・サイクスは次のように語っている。「マイケミっぽさとハーモニー、そんな感じかな。ジェラルド・ウェイの感じでやってみるよ」映像では新曲の音源の一部も使われている。

先日、ブリング・ミー・ザ・ホライズンは『ポスト・ヒューマン』EPのシリーズを続けることを明らかにしていた。

ブリング・ミー・ザ・ホライズンは2019年に通算6作目となるアルバム『アモ』をリリースしており、2020年10月には9曲を収録した『ポスト・ヒューマン:サバイバル・ホラー』をリリースしている。

ブリング・ミー・ザ・ホライズンは2020年の時点で『ポスト・ヒューマン』EPのシリーズを4作品リリースすることを明かしていた。オリヴァー・サイクスは以前に「おそらくアルバムをもう一度リリースすることはない」とも語っている。

「俺がやりたいのは現在進行系で響くという時に今回の作品からの曲をリリースすることなんだ。待つんじゃなくてね。その時代に刺激されて、俺ができるのは最善のことを曲に書くことだからね。でも、すごく臨機応変なプランなんだ。エレクトロニック・アーティストとコラボレーションをやって曲を出したいとなったら、そうするだろうね」

Copyright © 2023 NME Networks Media Limited. NME is a registered trademark of NME Networks Media Limited being used under licence.

関連タグ