GETTY

Photo: GETTY

ジャック・ホワイトはロレッタ・リンの追悼番組にサプライズで出演して、“Van Lear Rose”のカヴァーを披露している。

ジャック・ホワイトは先月90歳で亡くなったロレッタ・リンの追悼番組に当初は出演が予定されていなかった。しかし、直前で出演することが決定しており、自身がプロデュースを手掛けた2004年発表の『ヴァン・リア・ローズ』からの曲を披露している。

通算42作目となるアルバム『ヴァン・リア・ローズ』においてジャック・ホワイトはギターを担当しているほか、デュエットも披露していた。

先日、ジャック・ホワイトは訃報を受けて、ロレッタ・リンを「母親のような人物」にして「非常に素晴らしい友人」と評して「20世紀最高の女性シンガーソングライター」だと述べている。

ロレッタ・リンの追悼番組は10月30日にナッシュヴィルのライマン・オーディトリアムで収録されており、ジョージ·ストレイト、アラン・ジャクソン、タニヤ・タッカー、ワイノナ・ジャッドも出演している。

ロレッタ・リンとコラボレーションしてきたマーゴ・プライスは1975年発表の楽曲“The Pill”をカヴァーしている。

ブランディ・カーライル、ナタリー・ヘンビー、アマンダ・シャイアスの3人は“Coal Miner’s Daughter”のカヴァーを披露している。このカヴァーにはブリタニー・スペンサーも参加している。

ブランディ・カーライルは1人でパッツィー・クラインに捧げてロレッタ・リンがレコーディングした“She’s Got You”も披露している。

Copyright © 2023 NME Networks Media Limited. NME is a registered trademark of NME Networks Media Limited being used under licence.

関連タグ