GETTY

Photo: GETTY

グリーン・デイはサイド・プロジェクトのザ・カヴァーアップスでジェリー・リー・ルイスに追悼の意を表している。

サイド・プロジェクトのザ・カヴァーアップスはビリー・ジョー・アームストロングとマイク・ダーントによって2018年に始まったもので、ツアー・ミュージシャンのジェイソン・ホワイトも参加している。

ザ・カヴァーアップスは現地時間10月28日にロサンゼルスのモロカン・ラウンジでライヴを行っている。

この日、バンドは36曲を演奏したが、その中で享年87歳で亡くなったジェリー・リー・ルイスに追悼の意を表して、“Great Balls Of Fire”も演奏されている。

ジェリー・リー・ルイスは“Great Balls Of Fire”、“Whole Lotta Shakin’ Going On”といった曲で知られ、ミシシッピ州デソト郡の自宅で自然死で亡くなっている。

ザ・カヴァーアップスはその他、ザ・キュアー、ラモーンズ、ニルヴァーナデヴィッド・ボウイのカヴァーも披露している。

この日のセットリストは以下の通り。

‘Bela Lugosi’s Dead’ – Bauhaus cover
‘A Million Miles Away’ – The Plimsouls cover
‘I Wanna Be Sedated’ – Ramones cover
‘Ready Steady Go’ – Generation X cover
‘I Want You to Want Me’ – Cheap Trick cover
‘American Girl’ – Tom Petty and the Heartbreakers cover
‘Rockaway Beach’ – Ramones cover
‘I Think We’re Alone Now’ – Tommy James and the Shondells cover
‘Message of Love’ – Pretenders cover
‘Just Like Heaven’ – The Cure cover
‘Colour Me Impressed’ – The Replacements cover
‘Seether’ – Veruca Salt cover
‘Don’t Change’ – INXS cover
‘Fox On The Run’ – The Sweet cover
‘Ziggy Stardust’ – David Bowie cover
‘Monster Mash’ – Bobby Pickett cover
‘Hybrid Moments’ – Misfits cover
‘Teenagers From Mars’ – Misfits cover
‘Where Eagles Dare’ – Misfits cover
‘I Fought the Law’ – The Crickets/The Clash cover
‘Should I Stay or Should I Go’ – The Clash cover
‘Head Over Heels’ – The Go-Go’s cover
‘Dancing With Myself’ – Generation X cover
‘Neat Neat Neat’ – The Damned cover
‘Ever Fallen in Love (With Someone You Shouldn’t’ve)’ – The Buzzcocks cover
‘Drain You’ – Nirvana cover
‘Born to Lose’ – The Heartbreakers cover
‘Suffragette City’ – David Bowie cover
‘Just Like Heaven’ – The Cure cover
‘All the Young Dudes’ – Mott The Hoople/David Bowie cover
‘Jumpin’ Jack Flash’ – The Rolling Stones cover
‘Surrender’ – Cheap Tricks cover
‘(What’s So Funny ‘Bout) Peace, Love and Understanding’ – Brinsley Schwarz cover
‘Rock and Roll All Nite’ – KISS cover
‘Great Balls Of Fire’ – Jerry Lee Lewis cover
‘Where Eagles Dare’ – Misfits cover

グリーン・デイとエディ・ヴェダーは来年2月にアリゾナ州で開催される野球をテーマにしたイニングス・フェスティバルでヘッドライナーを務めることが決定している。

2023年2月25日・26日に開催されるフェスティバルの初日にはウィーザー、ブラック・クロウズ、オフスプリング、プリティ・レックレス、パリス・ジャクソンも出演する。

エディ・ヴェダーがヘッドライナーを務める2日目にはマーカス・マムフォード、ザ・リヴァイヴァリスツ、マウント・ジョイらが出演する。

グリーン・デイはブリンク182と共に2023年のホエン・ウィ・ワー・ヤング・フェスティバルのヘッドライナーを務めることが決定している。

2022年のホエン・ウィ・ワー・ヤング・フェスティバルは「過去20年のエモとロックの決定版ラインナップ」と評されており、マイ・ケミカル・ロマンスとパラモアがヘッドライナーを務めている。

Copyright © 2023 NME Networks Media Limited. NME is a registered trademark of NME Networks Media Limited being used under licence.

関連タグ