GETTY

Photo: GETTY

リゾは新たなインタヴューで自分が人とは変わっていて、レディオヘッドを聴いていたことを学校で隠していたことを振り返っている。

リゾは『ヴァニティ・フェア』誌のインタヴューでデトロイトとヒューストンで育った子どもの頃に体験したことを語っている。

リゾは常に自分のことを「変わっている」と感じていたとのことで、「いい意味で変わっているのか、悪い意味で変わっているのか、自分には分からなかった」と語っている。リゾは周りの生徒たちがラップにハマっていく一方で、自分もヒューストン・ラップは好きだったけれど、レディオヘッドも聴いていたと説明している。

「黒人の学校だった。大半は黒人かブラウン、カリブ系で、私はナイジェリア系の子が友だちだった。彼らはみんなラジオでかかっているものを聴いていた。アッシャー、デスティニーズ・チャイルド、ルダクリスとかね。私はレディオヘッドの『OKコンピューター』にハマっていて、ロック・バンドにいた時もそれを隠していた。仲間にからかわれたくなかったから。『ホワイト・ガール!』って叫ばれてたはずよ」

リゾは次のように続けている。「刺繍の入ったフレアのベルボトムを履いていたら、『白人の娘みたいな見た目だね。なんでヒッピーみたいな格好をしたいんだ?』って言われていた。受け入れてもらえたらと本当に思っていたけど、合わなかったのはつらかった」

「私の対抗手段はユーモアだった。クラスのピエロになることで、それが自信として見られるようになった。それはある種の対人不安にもなっていて、ストレスがかかるほど、声が大きくなって、笑わせようとしてしまうの」

リゾは2023年2月にUK&ヨーロッパ・ツアーを行うことが決定している。

Copyright © 2023 NME Networks Media Limited. NME is a registered trademark of NME Networks Media Limited being used under licence.

関連タグ