Jack Bridgland

Photo: Jack Bridgland

ブリンク182のマーク・ホッパスは2015年に脱退したトム・デロングがバンドに復帰したことについて語っている。

アップル・ミュージックの番組『アフター・スクール・レディオ』に出演したマーク・ホッパスはトム・デロングの復帰が発表されたことへの安堵の思いを口にしている。「肩の荷が下りたように感じているよ。こうした秘密を長い間抱えるのは重荷だったね」

マーク・ホッパスはロサンゼルスで野球の試合を観に行った時にあったファンとのやりとりをその例として挙げている。写真を撮った後、ファンからは「絶対に無理なのか?」と訊かれたという。

「僕は『何が絶対に無理なんだい?』と答えると、『トムがバンドに復帰してのブリンク182のツアーの可能性はないのかい?』と言われてね。その目には希望と必死さが浮かんでいて、彼の肩に手をかけて『あと3〜4日だけ待ってくれ』と言いたかったよ」

「インスタグラムの投稿も彼の名前を使えばよかったね。『スティーヴ、これは君に送るよ。素晴らしいアイディアだ』ってね」

ブリンク182は8年ぶりにトム・デロングがバンドに復帰することを発表して、ニュー・シングル“Edging”を10月14日にリリースすることを発表している。ニュー・アルバムがリリースすることも発表されているが、現時点でそれ以上の詳細は発表されていない。

ブリンク182はUK、ヨーロッパ、北米、オーストラリア&ニュージーランド、そして初めて南米を回る過去最大のツアーを行うことも決定している。

Copyright © 2023 NME Networks Media Limited. NME is a registered trademark of NME Networks Media Limited being used under licence.

関連タグ