GETTY

Photo: GETTY

サンダーキャットは坂本龍一が1978年にリリースしたソロ・デビュー・アルバムのタイトル曲“Thousand Knives”のカヴァーを公開している。

このカヴァー音源は12月2日にリリースされる坂本龍一の70歳の誕生日を記念したコンピレーション作『ア・トリビュート・トゥ・リューイチ・サカモト:トゥ・ザ・ムーン・アンド・バック』に収録される。

サンダーキャットによる“Thousand Knives”のカヴァーはオリジナルの半分の長さで、メロディーに合わせた英語の歌詞が採用されている。

コンピレーション作にはブラッド・オレンジ、フェネス、デヴィッド・シルヴィアン、コーネリアス、シネマティック・オーケストラが参加することが決定している。

先月、坂本龍一はネットフリックスのアニメ作品『エクセプション』に提供した2曲が公開されている。『エクセプション』は小説家・映画監督として活動する安達寛高が原作・脚本を手掛け、天野喜孝がキャラクターデザインを担当している。

サンダーキャットは今年6月にコラボレーションとなる“Cracker Island”が公開されている。同曲をタイトルとしたゴリラズのニュー・アルバム『クラッカー・アイランド』は2023年2月24日にリリースされることが決定している。

「戻ってこられて素晴らしいよ。新曲にハマっているんだよね。まだ起こってないことの不思議で恐ろしい思い出が甦ってくるんだ」と2Dは“Cracker Island”についてプレス・リリースで述べている。

【独占配信】ドキュメンタリー『ボン・ジョヴィ:Thank You, Good Night』をディズニープラスで見る 広告

Copyright © 2024 NME Networks Media Limited. NME is a registered trademark of NME Networks Media Limited being used under licence.

関連タグ