Karolina Pajak

Photo: Karolina Pajak

フィーヴァー・レイは5年ぶりとなるニュー・シングル“What They Call Us”がミュージック・ビデオと共に公開されている。

ザ・ナイフの元メンバーであるカリン・ドレイヤーがフィーヴァー・レイ名義で作品をリリースするのは2017年発表のセカンド・アルバム『プランジ』以来となっている。

“What They Call Us”のミュージック・ビデオはこちらから。

ニュー・シングル“What They Call Us”は兄妹で元ザ・ナイフのメンバーであるオロフ・ドレイヤーとの共作/共同プロデュースとなっている。

2018年にオロフ・ドレイヤーは『プランジ』に収録の“Wanna Sip”のリミックスを手掛けているが、正式にコラボレーションするのはザ・ナイフが解散した2014年以来となっている。

“What They Call Us”はディストピアのオフィス空間を舞台としたミュージック・ビデオと共に公開されており、ザ・ナイフとも仕事をしてきたマーティン・ファルクが監督を務めている。

現時点でフィーヴァー・レイが『プランジ』に続くアルバムをリリースするのかは明らかになっていない。

昨年、ザ・ナイフはデビュー20周年を記念してオンラインで「オーディオ/ヴィジュアル体験」を配信している。ザ・ナイフは2001年にセルフタイトルのデビュー・アルバムをリリースしている。

Copyright © 2022 NME Networks Media Limited. NME is a registered trademark of NME Networks Media Limited being used under licence.

関連タグ