GETTY

Photo: GETTY

ウォルフガング・ヴァン・ヘイレンはテイラー・ホーキンスの追悼コンサートでヴァン・ヘイレンの曲をやったことで父の死について「区切りがついた」と感じていると語っている。

31歳のウォルフガング・ヴァン・ヘイレンはザ・ダークネスのジャスティン・ホーキンスをヴォーカルに、デイヴ・グロールをベースに、ジョシュ・フリースをドラムに迎えて、テイラー・ホーキンスの追悼コンサートの2公演で“On Fire”、“Hot For Teacher”、“Panama”を演奏している。

「テイラー・ホーキンスの追悼コンサートでもうやりきったと思っているんだ。区切りがついたと感じている。自分のパートは父親に捧げたものだったからね」とウォルフガング・ヴァン・ヘイレンは説明している。

「ヴァン・ヘイレンやバンドを巡ることについては残念なことだよ。対人関係について大人の対応をしているフー・ファイターズと較べるとね」

ウォルフガング・ヴァン・ヘイレンは2006年から2020年までヴァン・ヘイレンのベーシストを務めていたが、バンドは「機能不全」に陥っており、バンドの他のメンバーが参加した追悼ライヴは行われないだろうと語っている。

彼は『クラシック・ロック・マガジン』に次のように語っている。「他のバンドがどうなのかは知らないけど、一つの目的に向かってみんなで動くために自己を制することができない人がいるんだよ。ヴァン・ヘイレンのキャリアにおけて呪いだよね」

「だから、テイラー・ホーキンスの公演はヴァン・ヘイレンの人たちと関わるストレスなくカタルシスをもたらすことができたんだ」

「あっちの人たちは機能不全なんだ。全員がね。バンドが活動していた時も計画を立てるのが難しかったんだよ」

【独占配信】ドキュメンタリー『ボン・ジョヴィ:Thank You, Good Night』をディズニープラスで見る 広告

Copyright © 2024 NME Networks Media Limited. NME is a registered trademark of NME Networks Media Limited being used under licence.

関連タグ