GETTY

Photo: GETTY

リンゴ・スターは10月1日にミシガン州ニュー・バッファローで予定されていた公演を病気のために延期している。

会場となっていたフォー・ウィンズ・カジノは次のように発表している。「リンゴ&ヒズ・オールスター・バンド(スティーヴ・ルカサー、エドガー・ウインター、コリン・ヘイ、ハミッシュ・スチュアート、ウォーレン・ハム、グレッグ・ビソネット)は残念ながら、今夜ミシガン州ニュー・バッファローのフォー・ウィンズ・カジノに出演できないことを発表します。リンゴは病気で、ライヴを行うことを望んでおり、それで遅くなってしまいましたが、病気は声にも影響を与えており、ライヴが予定されていた数時間前に今夜の公演はキャンセルされることになりました」

担当者はリンゴ・スターが新型コロナウイルスにかかったわけではないことも明かしており、メッセージを次のように締めくくっている。「リンゴとバンドは今夜来てくれたファンに愛と平和を送っており、みなさんと早く会えることを願っています」

これを受けて10月2日に予定されていたミネソタ州のミスティック・レイク・カジノでの公演も延期されている。

リンゴ・スターの次の公演は10月4日にウィニペグのカナダ・ライフ・センターで予定されている公演となっている。

リンゴ・スターは4曲を収録した最新EP『EP3』を9月16日にリリースしている。同作はロッカベラ・ウェスト・スタジオでレコーディングされ、長年のコラボレーターであるスティーヴ・ルカサー、リンダ・ペリー、デイヴ・コズ、ホセ・アントニオ・ロドリゲス、ブルース・シュガーらが参加している。

リンゴ・スターは『EP3』について次のようにコメントしている。「私は機会があるごとにスタジオで曲作りとレコーディングをしている。それは常に行ってきたことであり、これからもやり続けるだろう。“EP”を頻繁にリリースすることで、私はクリエイティヴであり続け、各楽曲にさらに愛情を注ぐことができる」

Copyright © 2022 NME Networks Media Limited. NME is a registered trademark of NME Networks Media Limited being used under licence.

関連タグ