GETTY

Photo: GETTY

ニール・ヤングはベックによる“Old Man”のカヴァーがNFLのCMに使われたことに不満を示している。

ベックによる“Old Man”のカヴァーはNBCで放送されるNFLの試合「タンパベイ・バッカニアーズ対カンザスシティ・チーフス」のCMに使用されており、その後ストリーミング・サービスでも音源が公開されている。

今回、ニール・ヤングは1988年発表の楽曲“This Note’s For You”のビデオから場面写真をソーシャル・メディアに投稿しており、反対の姿勢を示唆している。

場面写真はインスタグラムに投稿されており、ニール・ヤングが「SPONSORED BY NOBODY」と書かれた瓶を掴んでいるものとなっている。

“This Note’s For You”には「Ain’t singing for Pepsi/ Ain’t singing for Coke/ I don’t sing for nobody/ Makes me look like a joke(ペプシのために歌わない/コカコーラのために歌わない/誰のためにも歌わない/自分がジョークのように見えるから)」という一節がある。同曲は同名のアルバム『ディス・ノーツ・フォー・ユー』に収録されている。

『ピッチフォーク』はニール・ヤングが2021年にバックカタログの半分の権利を売却したことで、“Old Man”を含む自身の楽曲のスポンサー拒否権を失ってしまった可能性を指摘している。この売却には約1180曲近くの権利が含まれている。

プレス・リリースでベックは“Old Man”にある「24 and there’s so much more(24歳で、やるべきことはたくさんある)」という一節が、24歳でスーパーボウルを制したトム・ブレイディとパトリック・マホームズに合うと思ったと述べている。

NFLは2023年のスーパーボウルのハーフタイム・ショーにリアーナが出演することを発表している。

一方、ベックはゴリラズが行ったロサンゼルスのライヴで新曲“Possession Island”を初披露している。

【独占配信】ドキュメンタリー『ボン・ジョヴィ:Thank You, Good Night』をディズニープラスで見る 広告

Copyright © 2024 NME Networks Media Limited. NME is a registered trademark of NME Networks Media Limited being used under licence.

関連タグ