PRESS

Photo: PRESS

2022年のマーキュリー・プライズはエリザベス女王の崩御で延期されていた授賞式の日程が決定している。

エリザベス女王が9月8日に亡くなったことを受けて、同日に開催予定だったマーキュリー・プライズの授賞式は延期されることが主催者によって先日発表されていた。「今後の対処はできるだけ早く発表する予定です」と当時主催者は述べていた。

今回、2022年のマーキュリー・プライズ授賞式は10月18日に当初の会場であったハマースミスにあるイヴェンティム・アポロで開催されることが発表されている。

授賞式の模様はBBC 4で21時から22時15分にわたってテレビ放送される。BBCラジオ6ではトム・レイヴンズクロフトが司会を務める特別番組が19時より放送される。

授賞式で披露されるパフォーマンスの詳細は現時点で発表されていない。当初の授賞式では候補の12組のうち、ハリー・スタイルズを除く11組がパフォーマンスを行う予定となっていた。

今年のマーキュリー・プライズにはハリー・スタイルズの『ハリーズ・ハウス』、リトル・シムズの『サムタイムズ・アイ・マイト・ビー・イントロヴァート』、サム・フェンダーの『セヴンティーン・ゴーイング・アンダー』、ウェット・レッグのセルフタイトルのアルバム、ヤード・アクトの『ジ・オーヴァーロード』といった12作品がノミネートされている。

マーキュリー・プライズの授賞式延期を受けて候補となっていたセルフ・エスティームは授賞式のために用意されていた使わなかった食事をホームレスに寄付している。

Copyright © 2022 NME Networks Media Limited. NME is a registered trademark of NME Networks Media Limited being used under licence.

関連タグ