Samuel Bradley

Photo: Samuel Bradley

ザ・1975のフロントマンであるマット・ヒーリーは最新のインタヴューでフー・ファイターズのようなビッグなバンドにはなりたくないと語っている。

ザ・1975は10月14日に通算5作目となるアルバム『外国での言葉遊び』をリリースすることが決定しており、アルバムからは“Part Of The Band”、“Happiness”、“I’m In Love With You”、“All I Need To Hear”がこれまでに公開されている。

『ミュージック・ウィーク』誌のインタヴューでヒット曲を出すことについての見解を訊かれたマット・ヒーリーは次のように答えている。「そんなことを気にし始めたら、胡散臭くなるよね」

「だいぶ前にも言ったんだけど、みんなは僕らを巨大なロック・バンドにしたがっていたけど、自分たちとしては小規模なエモ・バンドになりたかった。ブリアルになれるのであれば、フー・ファイターズよりもずっと嬉しかった。言っていること分かってもらえるかな? フー・ファイターズのことは大好きだけど、自分にはあんなふうにはできなかった。面白いのはさ。自分から出てくる曲っていうのはポップなものなんだけど、参照しているものというのはないんだよね」

ザ・1975は2023年4月に単独来日公演を行うことも決定している。

今年のサマーソニックでヘッドライナーを務めたザ・1975だが、単独来日公演が開催されるのは2016年以来となる。

来日公演の詳細は以下の通り。

2023年4月26日(水)ぴあアリーナMM
OPEN 18:00/ START 19:00
SS席¥17,000(税込)
S席¥12,000(税込)
A席¥8,000(税込)

2023年4月27日(木)ぴあアリーナMM
OPEN 18:00/ START 19:00
SS席¥17,000(税込)
S席¥12,000(税込)
A席¥8,000(税込)

2023年4月29日(土)Aichi Sky Expo(愛知県国際展示場)ホールA
OPEN 17:00/ START 18:00
SS席¥17,000(税込)
S席¥12,000(税込)
A席¥8,000(税込)

2023年4月30日(日)大阪城ホール
OPEN 17:00/ START 18:00
SS席¥17,000(税込)
S席¥12,000(税込)
A席¥8,000(税込)

更なる公演の詳細は以下のサイトで御確認ください。

https://www.creativeman.co.jp/artist/2023/04the1975/

Copyright © 2022 NME Networks Media Limited. NME is a registered trademark of NME Networks Media Limited being used under licence.

関連タグ