GETTY

Photo: GETTY

HMVは自身のレーベルである1921レコーズを立ち上げたことを発表している。

HMVは最初のアーティストとしてニューカッスル出身の22歳のシンガーソングライターであるインディア・アーキンと契約している。彼女はHMVの店舗で行われているライヴ&ローカルのプログラムで見いだされたという。

インディア・アーキンのデビュー・アルバム『ホーム・トゥルース』は10月15日のナショナル・アルバム・デイにリリースされる。アナログ盤はイギリス国内のHMV店舗とオンラインでの独占販売となる。

HMVのオーナーであるダグ・プットマンは次のように語っている。「インディアの音楽は間違いなく素晴らしいもので、1921レコーズと最初に契約したアーティストになってくれたことを喜んでいます。彼女は自分の技術に対する情熱があり、曲を書いて、楽器を弾き、パフォーマンスを行う真のミュージシャンです」

「私たちはHMVのライヴ&ローカルのプログラムを誇りに思っています。チャーリーXCXやヤングブラッドといった来店する国際的アーティストと同じプラットフォームをインディアのようなアーティストに提供できるのです。ニューカッスルでインディアの行ったパフォーマンスはスタッフから絶賛のレヴューが寄せられ、今日契約するに至りました」

インディア・アーキンは次のようにコメントしている。「1921レコーズと私のデビュー・アルバムをリリースできることに興奮しています。HMVニューカッスル店でのライヴがこれに繋がったなんて信じられません。アルバムが出荷されて、バンドとこの国をツアーで回るのが待ちきれません」

1921レコーズでは今後、地元のアーティストのデビュー・アルバムをプロモーションしていくことに注力していく予定だという。

「新しいレーベルでは厳しい業界でデビューしたアーティストが活躍できるようにできることをやっていきたいと思います」とダグ・プットマンは説明している。「ストリーミングのアルゴリズムは新人アーティストにとって自分の声を聴いてもらうのを難しくしています。音楽ファンが自分で新しいアーティストを発見する店舗で彼らのアルバムを手にとってもらう機会を提供したいのです」

「これは1921レコーズの始まりに過ぎません。デビューしたばかりのアーティストの素晴らしいアルバムをより多くの音楽ファンに届けることが私たちの使命です。HMVはアナログ盤の復活を先導してきました。自身のレーベルを作って、店員の気にした音楽をプロモーションしていくことは理にかなったことです」

イギリス国内のHMVの店舗ではナショナル・アルバム・デイに100以上のライヴが行われる予定となっている。

レーベル名は1921年にグラモフォン・カンパニーがロンドン中心部のオックスフォード・ストリートにヒズ・マスターズ・ヴォイスをオープンさせたことに由来している。

HMVは昨年100周年を迎えており、エド・シーランはコヴェントリーのハートフォード・ストリートにあるHMVエンパイアでインストア・ライヴを行っている。

Copyright © 2022 NME Networks Media Limited. NME is a registered trademark of NME Networks Media Limited being used under licence.

関連タグ