GETTY

Photo: GETTY

カタールで開催される2022年のワールドカップは今秋の大会期間中、グラストンベリー・フェスティバルの火を吹くアルカディア・スパイダーを導入すると報じられている。

ここ10年間、グラストンベリー・フェスティバルのエレクトロニック・ミュージックのジャンルで定着したアルカディア・スパイダーは火を吹く蜘蛛のセットでDJセットを含むライヴ・パフォーマンスが繰り広げられるものとなっている。

『デイリー・メール』紙によれば、ワールドカップの主催者は大会期間中、グラストンベリー・フェスティバルと同様にブリストルを拠点とするアルカディア社から50トンの火を吹く金属造形物を借りることにしたという。いつ設置されるのか、内部で誰がパフォーマンスを行うかといった詳細は現時点で発表されていない。

報道によれば、「有力な情報筋」はアルカディア・スパイダーがスタジアムやファン・ゾーンなどと同様に今大会でアルコールが許可される数少ないエリアの一つになる可能性を示唆している。未確認情報ではアルコールが許可されるのは午前10時から17時になるとも言われている。

「ドーハの問題点は殺風景な月世界においてカルチャーがあまりというか、ほとんどないことです」と記者のイアン・ハーバートは述べている。「なので、主催者はあらゆる手を尽くす予定で、グラストンベリー・フェスティバルからも貸し出される見込みとなっています」

2023年のグラストンベリー・フェスティバルについてはロキシー・ミュージックがレジェンド枠で出演するのではないかという噂が持ち上がっている。

ロキシー・ミュージックは今月デビュー50周年を記念した11年ぶりとなるツアーを行っており、今回、来年のグラストンベリー・フェスティバルに出演するのではないかという噂が浮上している。

イギリスのフェスティバル専門サイト「eフェスティバル」は次のようにツイートしている。「来年のグラストンベリー・フェスティバルのレジェンド枠にロキシー・ミュージックが出演すると聞きました」

「あらゆる噂と同じように間違いかもしれませんが、自分はそうは思いません」

Copyright © 2022 NME Networks Media Limited. NME is a registered trademark of NME Networks Media Limited being used under licence.

関連タグ