GETTY

Photo: GETTY

ニッケルバックのフロントマンであるチャド・クルーガーは長年にわたって自身の名前を間違って発音されてきたことを明かしている。

チャド・クルーガーによれば、綴りの見た目から英語圏ではチャド・クローガーと発音されることがあるが、実際にはホラー映画『エルム街の悪夢』のフレディ・クルーガーと同じような発音だという。

「実際はクルーガーなんだ。インターネットを信じてはいけないよ」と彼は『ラウドワイアー』に語っている。

チャド・クルーガーは失礼に思われたくなかったから、インタヴュアーや司会を訂正したことはなかったとも語っている。

「もし、止めて『本当はクルーガーなんだ』なんて言ったら、嫌な感じだろう。だから、どんな発音だったとしても、気にしないようにしてきたんだ」

発音を訂正した数少ない機会としてチャド・クルーガーは2004年にアリス・イン・チェインズのジェリー・カントレルとインタヴューを受けたときのことを挙げている。そこでジェリー・カントレルはインタヴューに訂正してみせたという。

「ジェリーのほうを見たら、『お前の名前だろ。お前のセカンド・ネームなんだから、正式にはどうやって発音するのか教えてやれよ。誤解を伝えて、間違った発音をマイクに吹き込むのは止めさせるんだ。お前のラスト・ネームなんだからな』と言ってくれたんだ」とチャド・クルーガーは語っている。「自分としては『そんなことも気にかけてくれるんですね』と思ったよ」

一方、ニッケルバックは11月18日にニュー・アルバム『ゲット・ローリン』をリリースすることを発表している。

「ここ数年はクリエイティヴ面で自由にできるペースでアルバムを作ってきたんだ。だから、みんなに新曲を聴いてもらうのが待ちきれないよ」とニッケルバックは声明で述べている。「ファンのことが恋しかったし、新曲にステージで命を吹き込むのが楽しみだよ。さあ、ロールしよう」

Copyright © 2022 NME Networks Media Limited. NME is a registered trademark of NME Networks Media Limited being used under licence.

関連タグ