GETTY

Photo: GETTY

エミネムはスヌープ・ドッグとの確執について共通の友人であるドクター・ドレーが入院したことを受けて解消されたと語っている。

長年のマネージャーで、数々のアルバムのスキットにも登場してきたポール・ローゼンバーグのシリウスXMの番組に出演したエミネムはこの事実を明かしている。スヌープ・ドッグとの確執については2000年発表の『マーシャル・マザーズLP』に収録の“Bitch Please II”への参加を巡って生まれたと報じられてきた。

「自分のアルバムに参加してもらう時に誤解があったんだと思う。俺は彼が自分と何かをやりたがっていると思っていたんだ。それで、そのアイディアを君(ポール・ローゼンバーグ)に投げたら、君が『まずは曲を聴いてみよう』といった趣旨のことを言ったんだ。それを彼はよく思わなかったんだ。俺は怒らせるつもりはなかったんだ」とエミネムは語っている。

ポール・ローゼンバーグはスヌープ・ドッグや彼のチームと交わした会話について「正確な状況を覚えていない」としつつも、エミネムがスヌープ・ドッグのファンではないという見方について「明らかにそんなことはない」と続けている。

「『ドギースタイル』は俺の人生を変えてくれたんだ」とエミネムは続けている。「俺は彼にずっと憧れてきたんだ」

ドクター・ドレーが動脈瘤で数日、死の間際にあったことでエミネムとスヌープ・ドッグはお互いに連絡を取り合うことになったという。「ドクター・ドレーにあんなことがあって、『ブラザー、あんなのくだらないよな』ということに俺たちはなったんだ。今は揉めているなんて、そんなことやってる場合じゃないってね」

エミネムとスヌープ・ドッグは和解して以降、何度か共演を果たしている。2人は2月にスーパーボウルのハーフタイムショーにドクター・ドレー、メアリー・J. ブライジ、ケンドリック・ラマーと共に出演している。

また、エミネムとスヌープ・ドッグは“From The D 2 The LBC”でもコラボレーションしており、MTVビデオ・ミュージック・アウォーズにも出演しており、その後もスタジオにドクター・ドレーといる写真が公開されている。

【独占配信】ドキュメンタリー『ボン・ジョヴィ:Thank You, Good Night』をディズニープラスで見る 広告

Copyright © 2024 NME Networks Media Limited. NME is a registered trademark of NME Networks Media Limited being used under licence.

関連タグ