GETTY

Photo: GETTY

ザ・1975のマット・ヒーリーはサポート・アクトを務めてほしいというエド・シーランからの破格の申し出を断ったことについて語っている。

マット・ヒーリーは『ニューヨーク・タイムズ』紙のインタヴューで次のように語っている。「世界でも最も人気のシンガーソングライターがスタジアムで翌年に行う4ヶ月のツアーのオファーを受けたんだけど、人生で見たことも聞いたこともないお金を手にするものだったんだ」

マット・ヒーリーは当初エド・シーランの名前を明かしていなかったものの、インタヴュアーに誰かと訊かれて、マット・ヒーリーは次のように答えている。「メインのサポート・アクトのオファーを受けたんだけど、自分たちがやりたいことを何でもできる状態だった。僕がオファーされた金額について考えてみてほしい。それは普通のオファーじゃなくて、彼が公演で稼いだ金額そのものだった。それは3倍の金額だったんだ。常軌を逸していたよ」

今回、マット・ヒーリーはツイッターでこの発言の真意について明かしている。「はっきりさせておきたいんだけど、エド・シーランのことをものすごくリスペクトしていて、彼とステージを共にすることを断ったわけではなくて、代わりに自分たちのライヴをしたかったんだ。彼は公の場でも個人的にも僕によくしてくれたし、だから、面白半分でツイッター的なやりとりはしたくないんだよね」

『ニューヨーク・タイムズ』紙のインタヴューでマット・ヒーリーは次のように語っている。「ビッグでありながら、心から商業的な野心はまったくないと言うのは難しい。『取り立てて問題がないなら、そのままにしておけばいい』的なことは確かにあるよ。どうすればいいか分からなかったし、どうにかしようとしたこともなかった。だから、それを止めた途端に多分失敗するんだろうね」

「金銭のために何かを断ることもある。失礼だったり不適切じゃなくどう書いてもらえるか分からないけど、世界でも最も人気のシンガーソングライターがスタジアムで翌年に行う4ヶ月のツアーのオファーを受けたんだけど、人生で見たことも聞いたこともないお金を手にするものだったんだ」

「それを受けなかったのは、まあいいや。何の得にもならないと思ったからだよ。エド・シーランが好きじゃなかったからじゃない。いろんな意味で彼は天才だと思う。彼は他の人よりも見事にやってのけている。でも、誰かのオープニング・アクトを務めても単にリアルじゃないと、自分はそんなことを考えたんだ」

先日、ザ・1975は2023年に行うUK&アイルランド・ツアーで2公演の追加公演を行うことを発表している。

ザ・1975は通算5作目のアルバム『外国語での言葉遊び』が10月14日にリリースされることが決定している。

Copyright © 2022 NME Networks Media Limited. NME is a registered trademark of NME Networks Media Limited being used under licence.

関連タグ