GETTY

Photo: GETTY

ザ・ローリング・ストーンズのフロントマンであるミック・ジャガーはエリザベス女王陛下の訃報を受けて追悼の意を表明している。

エリザベス女王は戴冠70年を経てスコットランドのバルモラル城で亡くなっている。享年96歳だった。

息子であるチャールズIII世は彼と家族にとって「大きな悲しみの瞬間」であり、世界中で喪失が「深く感じられる」だろうと述べている。

ミック・ジャガーはツイッターで次のように述べている。「全人生を通して、エリザベス女王陛下の存在がありました。子どもの頃にテレビで彼女の結婚式のハイライトを観たことを覚えています。彼女が若い美しい女性だったことを覚えていますし、非常に愛された国の祖母になりました。ロイヤル・ファミリーに深いお悔やみを申し上げます」

先月、ミック・ジャガーはチャーリー・ワッツが亡くなってから1年となることを受けて追悼の意を表している。

チャーリー・ワッツは2021年8月24日に亡くなっている。享年80歳だった。訃報を受けて音楽界からは多くの追悼の声が寄せられることになった。ザ・ローリング・ストーンズはツアー・ドラマーとしてスティーヴ・ジョーダンを迎えて、ライヴに復帰している。

現地時間8月24日、ミック・ジャガーはチャーリー・ワッツの写真を使ったモンタージュを公開して、バックには1974年発表の“Till The Next Goodbye”が使われている。

ミック・ジャガーはナレーションで次のように語っている。「チャーリーのことが惜しまれるんだ。素晴らしいユーモアのセンスを持っていたからね。僕らはバンド以外でも、いろいろと一緒にいて、興味深い時間を過ごした。僕らはスポーツが好きで、フットボールを観に行った。クリケットの試合も行った。音楽以外でも趣味があったんだ」

「でも、もちろん、すごくチャーリーのことが惜しまれるよ」

【独占配信】ドキュメンタリー『ボン・ジョヴィ:Thank You, Good Night』をディズニープラスで見る 広告

Copyright © 2024 NME Networks Media Limited. NME is a registered trademark of NME Networks Media Limited being used under licence.

関連タグ