PRESS

Photo: PRESS

ピンク・フロイドはバックカタログの権利を4億ポンド(約640億円)で売却しようとしていると報じられている。

今年5月、ピンク・フロイドは原盤権を含むバック・カタログの権利を売却する交渉に入っていると報じられていた。その金額は数億ポンドになるのではないかと見られていた。

今回、『ザ・タイムズ』紙はピンク・フロイドがバックカタログ全体の権利を4億ポンドで売却しようとしており、プライベート・エクイティのブラックストーンがメジャー・レーベルのソニー、ワーナー、BMGと契約成立に向けて争っていると報じている。

ピンク・フロイドは今年4月に1994年の『対』以来のオリジナル曲“Hey, Hey, Rise Up”をリリースしている。新曲はロシアによるウクライナ侵攻を受けて制作されたもので、収益はウクライナ人道支援募金に寄付される。

デヴィッド・ギルモアは新曲について次のように語っている。「幅広く支持されて注目を集めることを願っている。人道的なチャリティのため資金を集め、士気を高めたい。僕たちはこのような形でウクライナへの支持を表明したいんだ。そして、そうすることによって、超大国がウクライナのような民主主義の独立国家を侵攻するのは間違っていると世界の大半の人々が思っているということを示したい」

ニール・ダイアモンド、スティング、ボブ・ディラン、ZZトップ、ティナ・ターナー、スティーヴィー・ニックスはバック・カタログの権利を売却している。

他にもニール・ヤング、ブロンディ、シャキーラ、フリートウッド・マックのリンジー・バッキンガムとクリスティン・マクヴィーはヒプノシス・ソング・ファンドに出版権を売却している。ヒプノシス・ソング・ファンドの創設者でCEOのマーク・マキュリアディスはバックカタログを購入するアーティストの選び方について文化的重要性がキーとなっていると語っている。

Copyright © 2023 NME Networks Media Limited. NME is a registered trademark of NME Networks Media Limited being used under licence.

関連タグ