GETTY

Photo: GETTY

フルームは長らく待ち望まれていた楽曲をフリー・ダウンロードで公開されている。

フルームはディスコードでファンからの質疑応答を行い、昔の楽曲“Greenpeace”について訊かれている。

ヴォイス・チャットの最中にフルームは待ち望まれていた音源へのリンクを公開している。

この曲はグリーンピース・オーストラリア・パシフィックによるキャンペーンのために2017年に作られたが、音源は90秒しか使われていなかった。

質疑応答の後、フルームは8分30秒以上のフル音源を公開している。

フルームは今年のマッド・クール・フェスティバルの楽屋で『NME』に対して「フルアルバムに相当する」ハウス・ミュージックの音源があると語っている。

本名をハーリー・エドワード・ストレテンというフルームは今年5月にサード・アルバム『パレスズ』をリリースしているが、現在取り組んでいるプロジェクトについて語っている。

「フルアルバムに相当するハウス・ミュージックがあるんだけど、仕上げが必要で寝かせてあるんだ。たくさんのデモがあって、その中には強力なパーツもある。ゴミ同然のものもある。多くはゴミだよ。でも、間違いないものもあるんだ」

「ロンドンに行って、2週間のセッションをやる予定なんだ。『パレスズ』以降では初めてになるね。どうなるか、見てみるよ」

【独占配信】ドキュメンタリー『ボン・ジョヴィ:Thank You, Good Night』をディズニープラスで見る 広告

Copyright © 2024 NME Networks Media Limited. NME is a registered trademark of NME Networks Media Limited being used under licence.

関連タグ