GETTY

Photo: GETTY

エミネム、ドクター・ドレー、スヌープ・ドッグはレコーディング・スタジオに一緒にいる写真が公開されている。

現地時間8月15日にエミネムはソーシャル・メディアにミキシングの卓と巨大なスピーカーで3人がポーズをとる写真を投稿している。

「数人だけで、集まっていたんだ」とエミネムはキャプションに添えている。これ以上の詳細は明らかにされていないが、ファンの間では新たなコラボレーションの噂が巻き起こっている。

スヌープ・ドッグとエミネムは共に1999年にリリースされたドクター・ドレーのセカンド・アルバム『2001』に参加している。エミネムは“Forgot About Dre”と“What’s The Difference”に参加しており、スヌープ・ドッグは“The Next Episode”に参加している。

今年2月、ドクター・ドレーはエミネム、スヌープ・ドッグ、ケンドリック・ラマー、メアリー・J. ブライジ、50セント、アンダーソン・パークと共にスーパーボウルのハーフタイム・ショーに出演している。

先日、スヌープ・ドッグはドクター・ドレーと新曲に取り組んでいたことを明かしている。

「僕らはちょっとしたものを作っていたんだ。あんまり話したくはないけどね。でも、もう一度やることになったんだ。初めて一緒にアルバムを作ってから30年になるけど、今も一緒にやっているんだよ」

先月、ドクター・ドレーの新型コロナウイルスのパンデミックの間に247曲に取り組んだと語っている。

スヌープ・ドッグとエミネムはコラボレーション曲“From The D To The LBC”がエミネムのベスト盤『カーテン・コール2』に収録されている。

Copyright © 2022 NME Networks Media Limited. NME is a registered trademark of NME Networks Media Limited being used under licence.

関連タグ