GETTY

Photo: GETTY

メタリカのジェイムズ・ヘットフィールドは25年に及ぶ結婚生活を経て、離婚を申し立てたと報じられている。

『TMZ』によれば、ジェイムズ・ヘットフィールドはフラネスカ・ヘットフィールドとの結婚生活を終わらせる書類をコロラド州に提出したという。

ジェイムズ・ヘットフィールドの代理人はこの報道にコメントを発表していない。

ジェイムズ・ヘットフィールドとフラネスカ・ヘットフィールドは1997年8月に結婚しており、24歳のカリ、22歳のカスター、20歳のマルセラという3人の子どもをもうけている。

破局の詳細については明らかになっていないものの、情報筋は『TMZ』に対してジェイムズ・ヘットフィールドとフラネスカ・ヘットフィールドが「今も連絡を取り合っている」と語っている。

先日、メタリカはドラマ『ストレンジャー・シングス 未知の世界』と協力して、「ヘルクラブ・ファイア」をモチーフにしたマーチャンダイズを発表している。

メタリカは『ストレンジャー・シングス 未知の世界』のシーズン4の最終話で1986年発表の“Master Of Puppets”が使われたことでリヴァイヴァル・ヒットとなっている。

ドラマにおいてジョセフ・クインが演じたエディ・マンソンはジェイミー・キャンベル・バウアー演じる悪役のワンの隠れ家を守るコウモリの大群の気をそらすため“Master Of Puppets”を演奏している。

メタリカはドラマに登場する「ヘルクラブ・ファイア」をモチーフにしたマーチャンダイズを発表して、次のように述べている。「エディ、これは君のためのものだ。『ヘルクラブ・ファイア』のこれまでで最もメタルなミーティングを開くから、『迷える子羊』やアウトサイダーに参加してもらえるようスカウトしているところなんだ。君にもその資質があるかな? それなら、ぜひ身なりを整えてくれ」

Copyright © 2022 NME Networks Media Limited. NME is a registered trademark of NME Networks Media Limited being used under licence.

関連タグ