PRESS

Photo: PRESS

クラークは2006年発表の『ボディ・リドル』を9月30日にリイシューすることが決定している。

今回のリイシューでは『ボディ・リドル』のリマスター盤、未発表+レア音源集『05-10』、2つを合わせた二枚組CD『ボディ・ダブル』という3種類の商品がリリースされる。

本作は、クラークがベルリンに向かう直前、イギリス中部の都市バーミンガムに住んでいた時期に録音されたもので、クラークはこのアルバムの出発点を次のように振り返っている。「あの時期は、クラウトロックに夢中になって、1日6時間、カンのレコードに合わせて枕でドラムを叩いて過ごしたことを覚えてる。 このレコードのことを考えるとき、そのことが頭に浮かぶんだ」

彼はレーベルメイトでもあるブロードキャストと親交を深めたことも重要な要素だったと語っている。「彼らは僕の家から10分くらいのところに住んでいて、僕はジェイムス・カーギルのドラムキットとマイクを借りたんだ。このアルバムのドラムは全て彼の古いドラムキットでできてる。“Roulette Thrift Run”の最後には、彼がギターで、僕がドラムを叩いているようなジャムがあって、僕は録音した音源のピッチを上げてみたんだよ。ブロードキャストとは当時近しい友人って感じじゃなかったけど、彼らの家に行くと、普段の社会生活から離れることができて、僕はそれをとても気に入ってた。トリッシュもジェームスも知識が豊富で、彼らのシーンには全く入っていけなかったから、一人で行ってレコードを聴いたり、お茶を飲んだりしていた」

クラークは未発表+レア音源集『05-10』について次のように語っている。「放っておいたらインターネット上で埋もれて失われてしまってたであろうものを集めて、それらを一つの箱にまとめておきたいと考えたんだ。ここに収録したトラックは本当に好きだから重要なことだった。“Boiler The Wick”というモジュラーのジャムがあるんだけど、これは機材を全部セットアップして、1日に5曲くらいモジュラーのトラックを録音していてできた曲なんだ。今のスタジオとはまったく違うから、当時のことをすごく懐かしく思うよ。今はみんなモジュラーを使って曲を作るからちょっとうんざりしてるくらいだけどね。ただ、これは10年前のことで、『ボディ・リドル』と直接的にリンクしてはないんだけど、ある種の関連作品のような気もするんだ。例えば“Boiler The Wick”は“Re-Scar Kiln”と非常に似たエネルギーを持つトラックで、同じ世界のものであるかのように感じられる」

トラックリストは以下の通り。

Disc 1 – Body Riddle
01 Herr Bar 
02 Frau Wav 
03 Springtime Epigram 
04 Herzog 
05 Ted  
06 Roulette Thrift Run 
07 Vengeance Drools 
08 Dew On The Mouth 
09 Matthew Unburdened 
10 Night Knuckles 
11 The Autumnal Crush

Disc 2 – 05-10
01 Frau Wav (Brief Fling) 
02 Re-Scar Kiln  
03 Urgent Jell Hack 
04 Dead Shark Eyes 
05 Boiler The Wick 
06 Dusk Raid 
07 Roller The Wick 
08 Herr Barr (Improv)  
09 Observe Harvest 
10 Sparrow Arc Tall 
11 Dusk Swells 
12 Autumn Linn

Copyright © 2022 NME Networks Media Limited. NME is a registered trademark of NME Networks Media Limited being used under licence.

関連タグ