GETTY

Photo: GETTY

エコー・アンド・ザ・バニーメンのイアン・マッカロクはハッピー・マンデーズのポール・ライダーの葬儀で歌を披露している。

ハッピー・マンデーズのベーシストで、ショーン・ライダーの弟だったポール・ライダーは先月、享年58歳で亡くなっている。

ハッピー・マンデーズはソーシャル・メディアで次のように述べている。「ライダー家とハッピー・マンデーズのメンバーは今朝ポール・ライダーが亡くなったことを悲しみ、衝撃を受けています。真の先駆者にしてレジェンドである彼は永遠に惜しまれることになるでしょう」

葬儀に出席したアラン・マッギーは「素晴らしい別れ」だったと述べており、葬儀の冒頭でスピーチしたことについて振り返っている。葬儀ではイアン・マッカロクとロウェッタが追悼で歌を披露したことも明らかになっている。

「本日、マンチェスターではハッピー・マンデーズのポール・ライダーの素晴らしい葬儀が行われた。イアン・ブラウン、ベズ、そして私が思い出について語った。ロウェッタとイアン・マッカロクの2人は歌ってくれた。葬儀が進むにつれて重くなっていくような感じだったから、最初に話をできてよかったよ。一度、顔を上げたら、バンドの全員が泣いていた。僕らはポール・ライダーのことを愛していたんだ」

ロウェッタもソーシャル・メディアで「私たちはあなたことが大好きでした」と投稿している。葬儀にはニュー・オーダーのベーシストであるピーター・フックも出席している。

ポール・ライダーは兄のショーン・ライダーと1980年にハッピー・マンデーズを結成し、最初の解散となる1993年までバンドに在籍していた。2004年の再結成にポール・ライダーは参加しなかったが、2012年からの再結成には参加しており、再結成は現在まで続いている。

訃報を受けてマンチェスターの音楽界からは多くの追悼の声が寄せられており、イアン・ブラウンは次のように述べている。「安らかに、ポール・ライダー。素晴らしい友人で、素晴らしいミュージシャンで、素晴らしい仲間だった」

先月、ハッピー・マンデーズはポール・ライダーへの追悼としてEP『タート・タート』をリリースしている。このEPはフィジカルでは11月18日にリリースされ、すべての収益は音楽業界の人々を支援するミュージケアーズに寄付される。

Copyright © 2022 NME Networks Media Limited. NME is a registered trademark of NME Networks Media Limited being used under licence.

関連タグ