GETTY

Photo: GETTY

デュア・リパは週末に行われた式典でコソボ共和国の名誉大使に任命されている。

アルバニア系のコソボ出身の両親を持ち、幼少期の一部をコソボで過ごしたデュア・リパは公式招待状、ヴィヨサ・オスマニ大統領から証明書やメダルを授与される写真をインスタグラムで公開している。

デュア・リパは次のように述べている。「世界中に向けて母国を代表し、足跡を残し、変化をもたらす取り組みを世界各地でできる特権を得られて光栄です」

「コソボの若者はビザの自由化、旅行の自由、大きな夢を持つ権利に値するのです」

ヴィヨサ・オスマニ大統領も個人のインスタグラムで式典の写真を投稿しており、アルバニア語で次のように述べている。「今日、コソボ共和国の名誉大使の称号をデュア・リパに与えました。彼女はあらゆる段階、あらゆる露出においてこの国を讃えてくれるでしょう」

「彼女は世界中の女性にとってインスピレーションとモデルとなっています。彼女は世界に名を残す曲を提供するだけでなく、世界のあらゆる場所でコソボの最高のイメージを提示するために、素晴らしい自身の声と才能を使っています」

デュア・リパはヴィヨサ・オスマニ大統領の投稿のコメント欄で「光栄である。ありがとうございます」とコメントしている。

2018年にもデュア・リパはコソボ共和国の首都であるプリシュティナの鍵を贈られている。デュア・リパは鍵を授与されて次のように述べている。「コソボのプリシュティナの鍵をもらえて光栄です。みなさんの終わりなきサポートに感謝します」

Copyright © 2022 NME Networks Media Limited. NME is a registered trademark of NME Networks Media Limited being used under licence.

関連タグ