GETTY

Photo: GETTY

ホワイトスネイクはフロントマンのデイヴィッド・カヴァデールの健康問題によって22公演に及ぶスコーピオンズとの共同ヘッドライナー・ツアーから離脱することを発表している。

これはホワイトスネイクの公式インスタグラムで発表されており、「パフォーマンスに影響を与える慢性的な上気道感染症の治療を続けているため」ツアーから離脱することが明らかになっている。

デイヴィッド・カヴァデールの健康問題によってホワイトスネイクは自身の単独公演もキャンセルしている。記事執筆時点で公演が振り替えられるのか、払い戻しが行われるかは明らかになっていない。ホワイトスネイクは6月末から7月頭にかけてヨーロッパの公演もキャンセルしていた。

スコーピオンズはホワイトスネイクなしで最新作『ロック・ビリーヴァー』のツアーを行う予定となっている。ツアーはサンダーマザーをオープニング・アクトに迎えて8月21日のトロント公演から始まり、ラスベガス公演で締めくくられる。

ホワイトスネイクの最新作は2019年5月にリリースされた通算13作目となるアルバム『フレッシュ&ブラッド』となっている。

Copyright © 2022 NME Networks Media Limited. NME is a registered trademark of NME Networks Media Limited being used under licence.

関連タグ