GETTY

Photo: GETTY

クリスティーナ・アギレラがジョン・レノンの“Mother”のカヴァーを披露している。

このパフォーマンスは、ソングライターでありプロデューサーであるリンダ・ペリーが主催したプライベート・パーティーで披露されている。「ヤフー」によれば、このパーティーは、アカデミー賞候補になるのではと噂される映画『フリーヘルド』に提供したリンダ・ペリーとマイリー・サイラスによる楽曲”Hands of Love”を祝して開催されたという。

このパーティではコートニー・ラヴもレディオヘッドの“Creep”のカヴァーを披露している。

クリスティーナ・アギレラによる“Mother”のカヴァーはこちらから。

他にもザ・カルトのイアン・アストベリーが、デヴィッド・ボウイの“Moonlight Daydream”とザ・ドアーズの“Break On Through”を披露したほか、ジュリエット・ルイスはAC/DCの“Dirty Deeds Done Dirt Cheap”をカヴァーしたという。

パーティにはコートニー・ラヴの娘であるフランシス・ビーン・コバーンも出席しており、母親について次のようにツイートしている。「今夜は私のママの超格好いい姿を観られたわ。あと、レディオヘッドの”Creep”がハチャメチャになっていた。愛してる」

コートニー・ラヴによる”Creep”のカヴァーはこちらから。

Copyright © 2022 NME Networks Media Limited. NME is a registered trademark of NME Networks Media Limited being used under licence.

関連タグ