GETTY

Photo: GETTY

レディー・ガガはトッド・フィリップス監督による映画『ジョーカー』の続編にホアキン・フェニックスと共に出演することが正式に明らかになっている。

本名をステファニー・ジャーマノッタというレディー・ガガはソーシャル・メディアに映画の予告動画を投稿しており、『ジョーカー:フォリアドゥ(原題)』に出演することを明らかにしている。

今年6月にトッド・フィリップス監督は映画『ジョーカー』の続編が公開されることを発表して、ホアキン・フェニックスが脚本を読んでいる写真も投稿している。脚本はトッド・フィリップスとスコット・シルヴァーの共同脚本となっている。

続編が発表されたのを受けて、レディー・ガガはホアキン・フェニックスの相手役であるハーレイ・クイン役で出演するのではないかと報じられていた。ハーレイ・クインはアーカム・アサイラムの精神科医としてジョーカーと恋に落ち、彼の逃亡を助け、最終的に彼の相棒となる。フランス語の「フォリアドゥ」は複数の人物が同じ妄想を共有する感応精神病を意味していて、続編はミュージカルになるとも言われている。

レディー・ガガはトッド・フィリップスがプロデュースを手掛けた『アリー/スター誕生』で主演を務め、『ハウス・オブ・グッチ』にも出演している。

映画『ジョーカー:フォリアドゥ』については公開日も決定しており、2024年10月4日に劇場公開される。これは前作『ジョーカー』の公開日からちょうど5年となる。『デッドライン』によれば、『ジョーカー:フォリアドゥ』の撮影は今年12月から始まる予定だという。

Copyright © 2022 BandLab UK Limited. NME is a registered trademark of BandLab UK Limited being used under licence.

関連タグ