GETTY

Photo: GETTY

ヴァンパイア・ウィークエンドのベーシストであるクリス・バイオの従兄弟がニューヨーク・ヤンキースに入団したことが明らかになっている。

2017年からメジャー・リーグでプレイしているハリソン・ベイダーはトレード期限ぎりぎりでセントルイス・カーディナルズから移ることが発表されている。

彼はニューヨーク・ヤンキースの左投手であるジョーダン・モンゴメリーとトレードされている。「僕らの家族の夢が叶ったよ。ハリソン・ベイダーと僕らの地元のチームを応援できることにものすごく興奮しているよ」とクリス・バイオは『ピッチフォーク』に対して声明を発表している。

ハリソン・ベイダーは2021年のゴールデン・グラブ賞を受賞している。

クリス・バイオとハリソン・ベイダーは共にニューヨーク州ブロンクスヴィルで育っており、今後はブロンクスのヤンキー・スタジアムでホームゲームを戦うことになる。

クリス・バイオは昨年ソロ・サード・アルバム『デッド・ハンド・コントロール』をリリースしている。

ヴァンパイア・ウィークエンドは週末に行われたフジロックフェスティバル ’22でヘッドライナーを務めている。

Copyright © 2022 NME Networks Media Limited. NME is a registered trademark of NME Networks Media Limited being used under licence.

関連タグ