YouTube

Photo: YouTube

ジョン・ケイルはニュー・シングル“Night Crawling”のアニメーションによるミュージック・ビデオが公開されている。

ミュージック・ビデオはジョン・ケイルが1970年代にデヴィッド・ボウイとニューヨークのストリートを行くものとなっている。

“Night Crawling”はジョン・ケイルにとって2020年発表のシングル“Lazy Day”、ならびにケリー・リー・オーウェンスとのコラボレーションとなった“Corner Of My Sky”以来の新曲となっている。

“Night Crawling”のミュージック・ビデオはこちらから。

「70年代中盤から後半にかけてニューヨークでデヴィッド・ボウイとばったり出くわす時期というのがあったんだ。作品を仕上げることについても話をしていたんだけど、当然のことながら、頭の中で考えがまとまらず、曲もできないほどストリートに出ることもあった。ある夜、チャリティ・コンサートで会って、彼にヴィオラのパートを教えて、一緒にパフォーマンスを行うこともあったんだよ」とジョン・ケイルは語っている。

「“Night Crawling”を書いた時、あの時期を振り返っていた。ニューヨークはアートを掌握していて、安全を保てるほど強く、面白さを保てるほど危険でもあった。2人で一緒にレコーディングすることにも挑戦できただろうなといつも思う。考えがまとまらないほど干渉されないようにしてね。音楽を作るということは論理的に不可能だと言われる思考や感情を探り当てる能力なんだ」

ジョン・ケイルは秋にUKツアーを行うことが決定しており、カーディフで行われるサイス・フェスティバルでは80歳の誕生日を記念してスペシャル・ゲストを迎えた特別なステージが披露される予定となっている。

Copyright © 2022 NME Networks Media Limited. NME is a registered trademark of NME Networks Media Limited being used under licence.

関連タグ