PRESS

Photo: PRESS

ピンク・フロイドは“A Great Day For Freedom”の新バージョンが公開されている。

“A Great Day For Freedom”の新バージョンは今年4月にウクライナ支援のために発表された28年ぶりの新曲“Hey, Hey, Rise Up”のシングルのB面に収録されるものとなっている。

“Hey, Hey, Rise Up”の限定7インチ・アナログ・シングルとCDシングルのフィジカル・フォーマットの日本盤は8月3日にリリースされる。

“A Great Day For Freedom”の新バージョンはこちらから。

“A Great Day For Freedom 2022”については次のように説明されている。「ピンク・フロイドのシングル“Hey, Hey, Rise Up”のB面に“A Great Day For Freedom”を使うのは、適切で明白な選択のように思えます。デヴィッド・ギルモアはずっとよりシンプルで、ダイレクトなバージョンをレコーディングしたいと思っていたのです」

「そうしてできたのがこの曲です。新たに編集された映像は1994年にロンドンのアールズ・コートで2週間にわたって行われた『P・U・L・S・E』のリハーサルからのものです。音源はニック・メイソンとデヴィッド・ギルモアのオリジナルのドラムとベースを使い、『P・U・L・S・E』のリハーサルで収録されたリチャード・ライトによるキーボード、サム・ブラウン、クラウディア・フォンテーヌ、ダーガ・マクブルームのバッキング・ヴォーカルが使われています。オリジナルのデモでデヴィッド・ギルモアが演奏していたピアノ、プロフェット5のシンセサイザー、ハモンドが新たに加えられています」

ピンク・フロイドは1977年発表の名盤『アニマルズ』にオリジナル・マスターテープからリミックスを施した音源が9月16日にリリースされることも決定している。

Copyright © 2023 NME Networks Media Limited. NME is a registered trademark of NME Networks Media Limited being used under licence.

関連タグ