GETTY

Photo: GETTY

ビースティ・ボーイズはニューヨークの交差点にその名前が付けられることが明らかになっている。

ローワー・イースト・サイドにあるラドロー・ストリートとリヴィングトン・ストリートの交差点はニューヨーク議会の承認を受けて、「ビースティ・ボーイズ・スクウェア」と名付けられることが決定している。

この交差点は『ポールズ・ブティック』のアルバム・ジャケットに登場していることでよく知られている。今回の決定によってビースティ・ボーイズを称える新たな標識が設置される。

「多くの人が知る通り、ビースティ・ボーイズがシーンに登場したことで、ヒップホップのゲームは変わりました」と地元議員のクリストファー・マルテは述べている。「それを祝うべきだと私は思いました。ローワー・イースト・サイドのお祝いであり、ヒップホップのお祝いであり、長い時間をかけてこれを実現させてきた地元コミュニティのお祝いなのです」

今年5月、ビースティ・ボーイズは1992年発表の『チェック・ユア・ヘッド』の30周年記念盤がリリースされることが発表されている。

『チェック・ユア・ヘッド』の4枚組LPの限定盤は7月15日にリリースされている。オリジナルのアルバム音源に加え、リミックスやB面曲、ライヴ音源などが収録されている。

Copyright © 2022 NME Networks Media Limited. NME is a registered trademark of NME Networks Media Limited being used under licence.

関連タグ