GETTY

Photo: GETTY

ザ・1975のマット・ヒーリーは新作に伴ったツアーは「小規模な会場」で行われることになると語っている。

マット・ヒーリーは新作『ビーイング・ファニー・イン・ア・フォーリン・ランゲージ(原題)』に伴うツアーのやり方について考えているところだと英『ローリング・ストーン』誌に語っている。

彼は新作に伴うツアーが2022年にアメリカから始まり、UK公演は2023年前半に行われる予定で、前作のツアーの大きさと較べると「小規模な会場」で行われることになると語っている。

「IMAXシアターとは対照的に小さな劇場にいるかのように感じてもらいたいんだ」とマット・ヒーリーはライヴで求める環境について語っている。

11曲が収録されるアルバム『ビーイング・ファニー・イン・ア・フォーリン・ランゲージ』は10月14日にリリースされる。

ザ・1975は8月にサマーソニック2022年に出演して、ライヴ復帰を果たすことが決定している。ザ・1975がライヴを行うのは2020年3月のダブリン公演以来となる。

先日、マット・ヒーリーはレディットへの投稿で新作について次のように述べている。「やあ、みんな。アルバムとその背景について説明するインタヴューをやり始めたよ」

マット・ヒーリーはフィービー・ブリジャーズのロサンゼルス公演でサポート・アクトを務めた時に披露した“New York”という曲は本当はダーティ・ヒットのレーベルメイトであるベンジャミン・フランシス・レフトウィッチのものだと説明している。

「あの曲は大好きで、ブリッジがなかったんだよね。フィービー・ブリジャーズのオープニング・アクトを務めた時に昔のグリニッジ・ヴィレッジのフォークシーンのように、他のアーティストが作った曲をただ演奏するようなことをやってみたかったんだ」

「ブリッジは自分が書いたんだ。それが“Part Of The Band”になった。“New York”も完成することになるだろうけど、あれはザ・1975の曲じゃないんだ。早くみんなに会いたいよ」

Copyright © 2022 NME Networks Media Limited. NME is a registered trademark of NME Networks Media Limited being used under licence.

関連タグ