Tiny Desk

Photo: Tiny Desk

ベル・アンド・セバスチャンはNPRの名物企画「タイニー・デスク・コンサート」で披露したパフォーマンス映像が公開されている。

ベル・アンド・セバスチャンは通算10作目となる新作『ア・ビット・オブ・プリヴィアス』より“Unnecessary Drama”、“Working Boy In New York City”、“Reclaim the Night”を披露している。

パフォーマンスの最後ではリリースから25周年を迎えた『天使のため息』より“Judy And The Dream of Horses”を披露している。

「タイニー・デスク・コンサート」のプロデューサーのボブ・ボイレンはパフォーマンスについて次のように語っている。「部屋ではシンガーの声を増幅させず、モニター・スピーカーも使いません。それがパフォーマンスの親密さを生むのですが、そのせいでスチュアート・マードックには自分の声が聴こえづらくなってしまいました」

彼は次のように続けている。「実のところ、彼はドラム、キーボード、ギター、ベースといったアンサンブルを疑問視して、すべてを止めて、彼とギターともう一人のプレイヤーだけで行うことを考えました。でも、バンドの全体的な音量に少し手を加え、何度かリハーサルを行い、ハンドマイクで歌うことでいい形になりました。こうしてグラスゴー出身のバンドは魅力的で壮大になったのです」

パフォーマンスの映像はこちらから。

2019年にリリースされた映画のサウンドトラック『デイズ・オブ・バグノルド・サマー』を除けば、7年ぶりとなる新作『ア・ビット・オブ・プリヴィアス』はロサンゼルスでセッションする予定がパンデミックのために中止された後、グラスゴーでレコーディングされている。出身地のグラスゴーで制作されたアルバムは2000年発表の『わたしのなかの悪魔』以来となる。

最新作のストリーミングはこちらから。

【独占配信】ドキュメンタリー『ボン・ジョヴィ:Thank You, Good Night』をディズニープラスで見る 広告

Copyright © 2024 NME Networks Media Limited. NME is a registered trademark of NME Networks Media Limited being used under licence.

関連タグ