GETTY

Photo: GETTY

ジャパニーズ・ブレックファストは「大好きなバンド」であるザ・1975の新曲“Part Of The Band”にヴォーカルで参加していることを明かしている。

本名をミシェル・ザウナーというジャパニーズ・ブレックファストは日本時間7月8日にリリースされた“Part Of The Band”について「大好きなバンドのためにこの曲でちょっとだけ歌っている」とオンラインで公開している。

“Part Of The Band”は10月14日にリリースされる通算5作目となる新作『ビーイング・ファニー・イン・ア・フォーリン・ランゲージ(原題)』に収録される。

“Part Of The Band”はジャック・アントノフが共同プロデューサーを務めていることも明らかになっている。

ザ・1975は新作について年始にスタジオでの作業に戻ったと見られる映像を公開していた。フロントマンのマット・ヒーリーは昨年8月に「新たな『名作』を作っているよ」と冗談を飛ばしている。

ザ・1975は8月にサマーソニック2022年に出演して、ライヴ復帰を果たすことが決定している。

Copyright © 2022 NME Networks Media Limited. NME is a registered trademark of NME Networks Media Limited being used under licence.

関連タグ