GETTY

Photo: GETTY

ガンズ・アンド・ローゼズのフロントマンであるアクセル・ローズは病気でグラスゴー公演を延期しなければならなかったことを受けて現状を報告している。

ガンズ・アンド・ローゼズはロンドンやダブリンで公演を行った後、7月5日に予定されていたグラスゴー・グリーンでの公演を中止している。

「残念ながら、病気と医師のアドバイスのためにガンズ・アンド・ローゼズは明日7月5日のグラスゴー公演に出演することはできません」と当時バンドは発表している。

「この公演を振り替えるために取り組んでいるところなので、チケットを保管していただいて、更なる情報をお待ち下さい」

今回、アクセル・ローズはツイッターでファンの応援に感謝するメッセージを投稿している。

アクセル・ローズは現地時間7月8日に予定されているミュンヘン公演は予定通り行われることも発表している。

「グラスゴー公演を延期したことで不便をかけていることを謝るよ」とアクセル・ローズは述べている。「医師の指示で休んでいて、ヴォーカル・コーチと共にサウンドの問題を解決しているところなんだ。今のところ、大丈夫そうだよ。気にかけてくれたみんなに改めて感謝するよ」

彼は次のように続けている。「詰まるところ、みんなには僕たちにできる最高の時間を提供したいということなんだ。自分もバンドもクルーもそのことに集中してきた。ミュンヘンで会おう」

一方、ガンズ・アンド・ローゼズは最新EPが日本のみでCDでの一般発売が行われることが決定している。

EPに収録されるのは昨年リリースされた“Hard School”と“Absurd”のほか、最新ライヴ音源2曲で、EPは今年1月にガンズ・アンド・ローゼズの海外公式ストアのみで発売されたものとなっている。

Copyright © 2022 NME Networks Media Limited. NME is a registered trademark of NME Networks Media Limited being used under licence.

関連タグ