Hollie Fernando

Photo: Hollie Fernando

ウェット・レッグはワイト島フェスティバルより“Angelica”のパフォーマンス映像が公開されている。

リアン・ティーズデイルとへスター・チャンバースからなるウェット・レッグは4月にセルフタイトルのデビュー・アルバムをリリースしており、全英アルバム・チャートで1位を獲得している。

パフォーマンス映像はこちらから。

ウェット・レッグはワイト島フェスティバルの会場で行われたインタヴューで既にセカンド・アルバムを完成させていることを明かしている。

「もう終わっているの」とへスター・チャンバースは『アブソルート・ラジオ』に語っている。「一撃だったわ」とリアン・ティーズデイルは次のように続けている。「完成させたわ。できているの」

どんな内容になるかと訊かれると、へスター・チャンバースは「デス・メタル」の方向性になると冗談を飛ばしている。「たくさんのツーバスを使ったアルバムになる」とリアン・ティーズデイルは続けている。

「ちょっと待ってもらわなきゃならないけどね」とリアン・ティーズデイルは述べており、セカンド・アルバムがすぐにはリリースされないことを示唆している。

ウェット・レッグは2023年2月に来日公演を行うことが決定している。

Copyright © 2022 BandLab UK Limited. NME is a registered trademark of BandLab UK Limited being used under licence.

関連タグ