Samir Hussein

Photo: Samir Hussein

オリヴィア・ロドリゴはマンチェスター公演の後に行ったサプライズ・パフォーマンスでナタリー・インブルーリアのカヴァーを披露している。

オリヴィア・ロドリゴは7月3日にデビュー・アルバム『サワー』を引っ提げてマンチェスター・アポロで公演を行ったが、その後にバニー・ジャクソンズのバーに立ち寄って特別なパフォーマンスを行っている。

オリヴィア・ロドリゴはバーの演奏の間に自分たちのバンドに演奏させてもらえないかと尋ねて、ナタリー・インブルーリアが1997年に発表したヒット曲“Torn”を披露している。

観客が撮影した映像はこちらから。

オリヴィア・ロドリゴは今週でUK&ヨーロッパ・ツアーを締めくくる形となっている。

オリヴィア・ロドリゴはツアーのこれまでの公演でもアヴリル・ラヴィーンの“Complicated”、ヴェルーカ・ソルトの“Seether”、ノー・ダウトの“Just A Girl”、アラニス・モリセットの“You Oughta Know”といったカヴァー曲を披露してきている。

先日、オリヴィア・ロドリゴはデビュー・アルバム『サワー』がリリースから1年を迎えたことを受けて、コメントを発表している。

「アルバム『サワー』がリリースされたのは1年前。このアルバムが私にとってどれほどの意味を持つのか、そしてこのアルバムを作り、それが世界に存在するのを見る栄誉を得たことにどれほど感謝しているか、言葉で言い表すことは出来ません。一緒にアルバムを作り、誰よりも私を信じてくれたプロデューサーのダン・ニグロに感謝します。そして私の17歳の嘆きを受け入れ、私の人生を永遠に変えてくれたすべての人に感謝します」

Copyright © 2022 BandLab UK Limited. NME is a registered trademark of BandLab UK Limited being used under licence.

関連タグ