GETTY

Photo: GETTY

ザ・ローリング・ストーンズのチャーリー・ワッツは本人と遺族承認の公式伝記本が刊行されることが決定している。

米『ローリング・ストーン』誌によれば、『チャーリーズ・グッド・トゥナイト:ジ・オーソライズド・バイオグラフィー・オブ・チャーリー・ワッツ』はイギリスで9月15日に、アメリカで10月11日に刊行されるという。前文をミック・ジャガーとキース・リチャーズの両名が寄せており、元マネージャーのアンドリュー・ルーグ・オールダムによるプレリュードも掲載される。

チャーリー・ワッツは昨年8月に80歳で亡くなっており、音楽界からは多くの追悼の声が寄せられることとなった。

伝記本は作家/ブロードキャスターのポール・セクストンが執筆したもので、ミック・ジャガー、キース・リチャーズ、ロニー・ウッド、友人、家族、コラボレーターのインタヴューが新たに行われている。

「親愛なる友人のチャーリー・ワッツは素晴らしいドラマーだっただけでなく、すごい人でした」とザ・ローリング・ストーンズは声明で述べている。「彼は愉快かつ寛大で、素晴らしい趣味の持ち主でした。彼のことを大いに惜しんでいます。ポール・セクストンが手掛けた公式伝記本は家族によっても承認されており、素晴らしいことです。ポール・セクストンは長年にわたってチャーリー・ワッツやバンドについて執筆や放送を行ってきました」

ポール・セクストンは次のように続けている。「チャーリー・ワッツの友人の一人は彼がとても好かれやすかったと語っています。嬉しいことに四半世紀以上にわたって何度も彼と過ごすことができたので、私も心からまったく同じ思いです。彼を最もよく知る人々の協力と励ましを得て、チャーリー・ワッツという唯一無二の人物やザ・ローリング・ストーンズと過ごした時間を下に伝記を執筆しました。嬉しく光栄に思っています」

ザ・ローリング・ストーンズは6月1日のマドリード公演から「シックスティ」ツアーを開始しており、この日は1966年発表の“Out of Time”をライヴで初披露している。チャーリー・ワッツに代わって、ドラマーはスティーヴ・ジョーダンが務めている。

6月25日にはロンドンのハイド・パークで公演を行っており、ミック・ジャガーは“Tumbling Dice”を演奏する前にチャーリー・ワッツに捧げる時間を取っている。

Copyright © 2022 BandLab UK Limited. NME is a registered trademark of BandLab UK Limited being used under licence.

関連タグ