GETTY

Photo: GETTY

テッド・ニュージェントはグリーン・デイのビリー・ジョー・アームストロングが「アメリカ国籍を放棄する」と語ったことについて「魂を失ってしまった」と語っている。

ビリー・ジョー・アームストロングは1973年の「ロー対ウェイド」事件の判例が覆されたことを受けて見解を表明したミュージシャンの1人となっている。これにより約50年ぶりに人工中絶は米連邦での権利とは認められず、各州が中絶を禁止したり制限したりすることが可能となる。

「アメリカなんてくそくらえだね。国籍を放棄するよ。こっちに来たいね」とビリー・ジョー・アームストロングはロンドン・スタジアムで行われた「ヘラ・メガ」ツアーのロンドン公演で語っていた。

テッド・ニュージェントは「ナイトリー・ニュージ」と題したコメント動画で「最高裁は素晴らしい仕事をした」という自身の見解について語っている。

「ナンシー・ペロシや左翼、狂信者が支持しているのは選択ではない。文字通り、胎児を殺すことだ」とテッド・ニュージェントは説明している。

「クレイジーなだけだよ。デモ抗議者や左翼は『母親は私を中絶しなかった。だから、今日人生を謳歌できている』と書かれたTシャツを着た人に向かって喋っているんだ。反対側ということは『母親はあなたを殺すべきだった』ということだからね」

「これがディベートかね? 意義ある対話だよ。なんてひどい星だと思うけどね」

「左翼は『連邦憲法上の中絶の権利を失った』と言い続けているけど、連邦憲法のどこに胎児を殺す権利の条項があるのか教えてほしいね。私の意見としては、それは連邦憲法に書かれていない。だから、もう一度言うけど、挙げられていない権利は州に委ねられるんだ」

「連邦憲法や権利章典に列挙されていない他の権利同様、中絶の問題は州で決めることだよ。ギタリストだってそのことぐらいは通訳なしで分かる。だから、もう一度言うけど、これはヒステリーなんだ」

テッド・ニュージェントは続けて左翼寄りのアーティストが発言している「残酷さ」に触れている。「そうじゃないアーティストも見てきた。グリーン・デイのビリー・ジョー・アームストロングとかね。彼はものすごく才能があるけど、魂を失ってしまったね。P!NKもすごく才能があって仕事熱心なアーティストだけど、中絶をしない人たちを攻撃して叫んでいる」

エンタテインメント業界からはテイラー・スウィフト、パール・ジャム、チャーリーXCX、マギー・ロジャース、フィニアス、ヤングブラッド、アリシア・キーズらが最高裁の判決に抗議する声を上げている。

今回の最高裁の判断を受けて、リゾはライヴ・ネイションと協力して、今後のツアーの利益から100万ドル(約1億3000万円)をプランド・ペアレントフッドやアボーション・ライツに寄付することを発表している。

ビリー・アイリッシュはグラストンベリー・フェスティバルのステージで“Your Power”を披露する時に次のように語っている。「これは権力という概念とそれを乱用してはいけないことを忘れないことについての曲です。今日はアメリカの女性にとって暗い日になりました」

Copyright © 2022 BandLab UK Limited. NME is a registered trademark of BandLab UK Limited being used under licence.

関連タグ