GETTY

Photo: GETTY

アラニス・モリセットはロンドンのO2アリーナで行った2公演の初日でフー・ファイターズのドラマーだったテイラー・ホーキンスに追悼の意を表している。

アラニス・モリセットは現在、新型コロナウイルスのパンデミックのために延期された『ジャグド・リトル・ピル』の25周年ツアーを行っている。

アラニス・モリセットは“Ironic”の演奏中に後ろのスクリーンにテイラー・ホーキンスの映像を映し出している。曲が終わると、彼の写真と共に「テイラー・ホーキンスに捧ぐ」というメッセージが表示されている。

テイラー・ホーキンスは1997年にフー・ファイターズに加入するまでアラニス・モリセットのライヴに参加していた。2018年にマット・ウィルキンソンのインタヴューでテイラー・ホーキンスは「アラニス・モリセットがいなかったら、ここにはおらず、ピザの配達をしていただろう」と語っている。

観客が撮影したライヴの映像はこちらから。

テイラー・ホーキンスは3月25日にコロンビアのボゴタで亡くなっている。享年50歳だった。訃報はソーシャル・メディアで発表されている。

「フー・ファイターズのファミリーはテイラー・ホーキンスの早すぎる悲劇的な死に打ちひしがれています。彼の音楽に対する精神性と人を魅了する笑いは私たちと共に永遠に生き続けていくことでしょう。奥様、子どもたち、家族にお悔やみを申し上げると共に、想像もつかない大変な時であり、プライバシーについては最大限御配慮いただければと思います」

先日、フー・ファイターズは9月に「テイラー・ホーキンス・トリビュート・コンサート」を2公演行うことを発表している。2公演は9月3日にロンドンのウェンブリー・スタジアムで、9月27日にロサンゼルスのフォーラムで行われる。

公演にはテイラー・ホーキンスが影響を受けた/影響を与えたアーティストの出演が発表されており、プレス・リリースによれば「彼が好きだった曲と彼が命を吹き込んだ曲」が演奏されるという。

ドキュメンタリー『ザ・ビートルズ: Let It Be』をディズニープラスで見る 広告

Copyright © 2024 NME Networks Media Limited. NME is a registered trademark of NME Networks Media Limited being used under licence.

関連タグ