PRESS / TikTok

Photo: PRESS / TikTok

アヴリル・ラヴィーンはデビュー・アルバム『レット・ゴー』の20周年を記念してアルバム・ジャケットを再現している。

アヴリル・ラヴィーンは『レット・ゴー』のアルバム・ジャケットが撮影されたニューヨークのカナル・ストリートを再び訪れる動画をTikTokで公開している。動画は昔の写真を再現する時によく使われるシンプル・プランの“I’m Just A Kid”を使用したもので、現在の写真から18歳だった2002年の写真に切り替わるものとなっている。

「デビュー・アルバム『レット・ゴー』のジャケットを撮影したニューヨークの場所に行ったわ」とアヴリル・ラヴィーンはツイートしている。

@avrillavigne

20 years later…

♬ I'm Just a Kid – Simple Plan

先日、アヴリル・ラヴィーンはデビュー・アルバム『レット・ゴー』の20周年バージョンがリリースされている。

20周年バージョンには日本盤ボーナストラックだった“Why”、Bサイド曲“Get Over It”、ケリー・クラークソンに提供した“Breakaway”、映画『メラニーは行く!』に提供された“Falling Down”、Bサイド曲で映画『アメリカン・パイ3: ウェディング大作戦』に提供された“I Don’t Give”、そして“Make Up”が収録されている。

アヴリル・ラヴィーンはスポティファイ・シングルズでアデルの“Hello”をカヴァーした音源が公開されている。

アヴリル・ラヴィーンは“Hello”のカヴァーについてプレス・リリースで次のように述べている。「アデルの“Hello”は大好きな曲で、この曲のカヴァーがどうしてもやりたかったの。『スポティファイ・シングルズ』でようやくこのカヴァーが実現して、“Love Sux”のアコースティック・バージョンもやることができて、すごく楽しかったわ」

Copyright © 2022 NME Networks Media Limited. NME is a registered trademark of NME Networks Media Limited being used under licence.

関連タグ