GETTY

Photo: GETTY

ドレイクは最新作『オネストリー、ネヴァーマインド』で11回目となる全米アルバム・チャート1位を獲得している。

ドレイクは通算7作目となるスタジオ・アルバムをサプライズでリリースしている。14曲を収録したアルバムはリリース発表後、数時間でリリースされている。

ハウスを取り入れたサウンドに対してファンの間では賛否が分かれているが、新作は全米アルバム・チャート1位を獲得している。

『オネストリー、ネヴァーマインド』は初週で20万4000枚の合算セールスを記録しており、ダウンロード主体とした純粋なセールスは1万1000枚を記録している。初週のストリーミング数は2億5023万曲で、これはバッド・バニー、ケンドリック・ラマー、フューチャーの最新作に次いで今年4位の記録となっている。

今回、全米アルバム・チャートで1位を獲得したことで、ドレイクはカニエ・ウェストエミネム、ブルース・スプリングスティーン、バーブラ・ストライサンドを凌いで、ザ・ビートルズの19回、ジェイ・Zの14回に次いで最多1位獲得数3位となっている。

また、『オネストリー、ネヴァーマインド』が1位を獲得したことで、テイラー・スウィフトとカニエ・ウェストを凌いで今世紀デビューしたアーティストでドレイクは1位獲得数最多のアーティストとなっている。

アルバムのストリーミングはこちらから。

Copyright © 2022 BandLab UK Limited. NME is a registered trademark of BandLab UK Limited being used under licence.

関連タグ